最近

毎日 体験とカウンセリングがあり

ブログの更新が滞っています



たまに見て下さる

稀有でありがたい皆さま

申し訳ございません・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・

お時間が2分あり

ご興味があれば・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

塾長田中式メンタルコーチング

(子供向け成功ダイレクトラーニング5月⑤)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




自分に起きていることは

すべて正しい




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

中学生や高校生のみんなは、

ちょうど中間テストが終了した人が

多いよね。



ニュースクールに入ったばかりの

新入生の多くは、

おおいに嬉しい成績を手にしているようだ。



つい数日前には、

体験生とそのお母さんがいる

50センチとなりで、田中に対して




「今回の点数は100点満点と

90何点と90何点と・・・・

すごく良かったです!」



と喜びを声に出していた生徒がいた。



その直後には



「去年一年間で、

こんなに良い点数が取れたことは

ありません。

この塾のおかげです!」



と まるでジャパネットタカタの

宣伝のように

喜びを声に出していた生徒もいた。





体験生とお母さんに

塾長の田中が

いろいろ説明する必要性が

まったくなくなった瞬間だったね。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 さてさて



・・・とは言いながら、

すべての生徒が

完全に嬉しい結果を手にして成功した

とは言えないんじゃないかな。



そこであえて君達に

教えてあげたいことがある。

それは

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

自分に起きていることは

すべて正しい

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

例えば、野球部の生徒が、

アイスホッケーの練習を

一生懸命に頑張っても、

野球は上手くならないよね。



自分に起きていることは

すべて正しい。



結果を変えるのではなく、

おおもとの原因を

変えるべきだよね。



つまり野球の練習を

しなければならない。

・・・・・・・・・・・・・・・・

例えば、

友人に対して悪口を言ったら

嫌われるよね。



自分に起きていることは

すべて正しい。



好かれたいならば、

友人の良いところを

認めてほめなければならない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

例えば、

君達が一日一時間、

頭を使わずに機械的に

漢字や英単語を

ノートに2ページ書いても、

教科書を丸写ししても

成績は上がらない。




自分に起きていることは

すべて正しい。




この例になると、

もしかすると

「えっ?そうなんですか?」

と思う人も

学校中を探せば

結構な人数がいるものなんだよ。



いわゆるアリバイ勉強

というものだ。

・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・

例えば、

不平不満愚痴泣き言を

言いながら、



あらゆることにおいて

成功することはない。



その状態では

お金持ちになる可能性もない。



自分に起きていることは

すべて正しい。 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、何となく、理解できるかな?


自分に起きていることは

すべて正しい。




君の部活の成績の良し悪しも、

学校の成績の良し悪しも、

友人との人間関係も、

どんなに状況がよくないと思っても、



自分に起きていることは

すべて正しい。



その結果を変えるためには、

原因、つまり考え方と行動を

変える以外には方法がない

っていうことを

教えてくれているんだよ。



何かが違うんだ。

何かを改善すべきだってね。

変えるべきは

自分自身なんだってね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


その変えるべき何かを探し求めて、

考え方と行動を

改善し続けるのが

成長というものだよ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さあ、テストが終わった小中高生は、

その結果を受け止めよう。



自分に起きていることは

すべて正しい。



次に向けて、

今すぐこの場で

自己改善をはかろう!


今すぐにこの場で!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以下に120秒で記入 


「今すぐに何を改善しますか?」 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・







2018/05/31(木) 22:50





ニュースクールエックスに通う

ひとりの中3

竜海中の男子

突然

社会でベストテンを取りました

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この生徒が

通い始めた頃

苦手な教科である

英語と数学のみを

受講していました・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そのときに

田中が思ったのは



苦手な数学や英語を伸ばすには

相当な時間がかかる



自信もない教科だから

長い長い努力が必要だ



5教科の指導をしてみたところ

どうやら

社会にはセンスがある



よって

まずは社会を伸ばそう



そして自信をつけさせてあげよう



・・・・・・・・・・・・・・・・・・

どの教科も

とりわけ良いと言える数字は

ありませんでしたが



社会にはセンスを感じました


・・・・・・・・・・・・・・・・・・


そして

2018年5月

社会で

ベストテンを獲得



おかげで

5教科の総合順位も

50位もあがりました


社会の力です


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


彼に言いました


やっぱり君はセンスがあるね


学年ベストテンだよ



次はどの教科を伸ばしたい?



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


先生

理科です!


実は小学校のとき

得意だったんですよ!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


この生徒は

ガンガン成績が上がります


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


自信がつきましたからね・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


あとは本人にお任せしておけば

大丈夫



ガンガン成績が上がります・・・・

5教科すべて

どの教科でも上がります・・・・




どこまで上がるか

とても楽しみです・・・




2018/05/17(木) 21:53




中間テストが思うようにいかず

我が子が落ち込んでいる

・・・・・・・・・・・・・・・・・

そういう報告を受けた田中が

翌日すぐに実施したのが

以下の4点です

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

①学習相談及びアドバイス

②指導内容の改善

③勉強方法コーチング書面

さらに別途作成したのが


新メンタルコーチングです

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

カリスマ田中式メンタルコーチング

(子供向け成功ダイレクトラーニング)5月③

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



94%の人間は60%のチャンスを逃す

・・・粘らないから。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

愛する生徒諸君

今日は君達にこんな話をしよう・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ノートルダム大学の

ハーバート・トゥルース博士が、

電話で物を売る商売の人たちを

長年調査し、

次のような統計を発表したんだよ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

販売員の44%が

1回目の失敗で嫌になってあきらめる。


販売員の68%が

2回目までの失敗で嫌になってあきらめる。


販売員の82%が

3回目までの失敗で嫌になってあきらめる。


販売員の94%が

4回目までの失敗で嫌になってあきらめる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そして


すべての販売の60%は

5回目以降の行動によって成立している。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

つまり

すべての販売員の

94%が60%のチャンスを逃している

・・・粘り強さが足りないから。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ケンタッキーフライドチキンを創設した、

当時60歳の

カーネル・サンダースは・・・



チキンのつくり方を、

売り込みに行って、

何回断られたか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
















こたえは300回以上。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

もし、カーネル・サンダースが

100回の挑戦であきらめていたら


現在、世界中の80か国に

1万1000店以上ある

ケンタッキーフライドチキンは

存在しなかったんだよ。





ただし、カーネル・サンダースは

悲壮感を漂わせて暗い気持ちで

300回以上も挑戦したわけではないよ。



毎回毎回、

自分自身の言葉や考え方を

改善カイゼンまた改善。



明るい笑顔で

夢と希望を胸に

挑戦を続けたんだ。



いつまで?



成功するその日まで。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

君達の学習も、

わかったふりをしてOKにはせずに、

明るい笑顔で失敗を繰り返し、

改善カイゼンまた改善を続けよう。



そうすれば時間がたつにつれて

実力がついてくるよ。


あ、ちなみに

ディズニーランドをつくった

ウォルト・ディズニーは、



あの素晴らしい

魔法の国をつくるまでに


7回も破産して

一文無しになっているんだよ。


知らなかったかな。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

レッツエンジョイ失敗!

レッツエンジョイ挑戦!


いつまで?

・・・成功するまで!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

人生もまったく同じことだと

いつかわかるときが来るよ!









2018/05/17(木) 15:14



2018年5月16日

勝ち組の企業にて

新入社員研修を実施しました

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

勝っている組織は

共通点があると感じます・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

自分がやっていることと

所属チームに対して

強烈な情熱とプライドを持っていること

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

塾長の田中自身

部活動でも

仕事でも

全国ナンバーワンを狙えるような

勝ち組にのみ在籍してきましたから

深く共感できます・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

勝者には勝者の考え方と行動があり

敗者には敗者の考え方と行動がああります

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2018年

5月16日に

目の前にいた

新入社員たちは

勝者であり続けることのできる

一流の組織に在籍しています・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以下は

コメントの一部です

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

わが社のココがすごい!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


社長など役員の方との距離が近い

メリハリがある 

思ったことは口にする

社員の方々が誇りを持って働いている

オンとオフの切り替えがすごい

人の意見を大切に尊重している

仕事のときは仕事 遊びのときは遊びを 全力でやること

仕事に対する情熱やプライド

売り上げの多さ

仕事のオンとオフがしっかりしている

仕事に対する情熱と考え方

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

セミナーを受講しての感想も
尋ねてみました・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


エネルギッシュな講師の方で、受講しるうちに

自分自身がやる気に満ちてくるような感覚になります

まだ仕事に関してわからないことが多くありますが

今は知識を増やしたり、経験を積もうというよりも

モチベーションを高くして何事も吸収していこうという姿勢が

重要なのかなと思いました。

社会人はこうでなくちゃいけない

こうならなくちゃいけない

と、プレッシャーを感じていましたが

講義を受けて、初めは失敗してもいいんだ

自分のために働いてもいいんだと思い

気持ちが前向きになりました

型にはまらずに自分らしく成長していけた良い

という気持ちになりました

自分が仕事に対して、どんなことを考えているのか

知るきっかけになっています。

他の人の意見を知ることができたり、

余談を交えながらの講義なのですごく楽しいです

新人が仕事をどのようにして取り組んでいくべきなのかを考えさせられた。

社会に出て、まだ右も左もわからない状態で頭が紺頼していたが

まず、やるべきことなど考えた少しづつまとまってきた。

社会人としての基礎などあらためて理解することができた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

若者と時間を共通すると

逆にエネルギーをもらえます・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

若者の未来がますます明るくなるように

生き方

考え方を

仕事の仕方を媒体として伝えていきます・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

学習塾に通う

小1から高3までの生徒たちには

生き方

考え方を

勉強を媒体として

伝えていきます・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

生き方

考え方には

子供用も大人用もありません

シンプルな真理ですから・・・・






2018/05/17(木) 14:57




時間が2分あり

ご希望があれば

どうぞテストにご参加を・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


カリスマ田中式 

論理的読解力・推論力判定テスト


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


18歳の正答率 64・5% 

(大学1年生)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ニュースクールエックスの

生徒たちに

こんなテストを最近やってみました

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


下の文を読み、

確実に正しいと言えることには

番号に大きくマルを、



そうでないことには

番号に大きく✖を大きくつけなさい。




(制限時間30秒)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



ニュースクールエックスに

子供たちが集まっています。


男の子も女の子もいます。


よく観察すると、

帽子をかぶっていない子供は、

みんな女の子です。



そして

スニーカーを履いている男の子は

一人もいません。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


①男の子はみんな帽子をかぶっている



②帽子をかぶっている女の子はいない



③帽子をかぶっていて、

しかもスニーカーを履いている子供は、

一人もいない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

正解は

この下にあります

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
















































































・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・






正しいのは①だけです。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


問題文中の

「帽子をかぶっていない子供は、

みんな女の子です」

という文から、


「男の子は帽子をかぶっている」

ことがわかります。


ですから①は正しいです。






しかし、

「女の子は誰も帽子をかぶっていない」

とは言っていません。


つまり、

②は確実に正しいとは

言えないのです。

よって②は✖です。







さらに、

スニーカーを履いている男の子は

一人もいません。


という③の文とあわせても


「帽子をかぶっていて、

しかもスニーカーを履いている

女の子がいる」



という可能性を

否定できませんから、

③も✖です。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて

ニュースクールエックスの

生徒諸君、同志諸君が、



近未来に経験する

高校受験や大学受験での

内容改革の中心は



「論理的な読解力・推論力」だ。




今日のテストに合格した君も、

そうでない君も、


ニュースクールエックスでの

学習を通じて




「論理的な読解力・推論力」



を強化していこう。




入試が改革される理由は、

それが近未来の社会に、

必要不可欠で大切なことだからだよ!





2018/05/12(土) 21:20