小学校の時から

旧 岡崎進学ゼミナール

に通っていた

当時の小学生




今や

高校1年生で

名称新たな

ニュースクールエックスに

通っています


・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・





さて・・・

このブログの

3つぐらい前に

・・・・・・・・・・・・・・



「非」現実的な目標を

達成する方法



・・・・・・・・・・・・・・



田中式メンタルコーチングで

実施した

その内容を記載しました・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・

ご覧になられた方も

いらっしゃるかも

しれません・・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・




2018年

10月12日の

金曜日・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・

冒頭の

高校一年生が



田中に

学校の中間テストの

問題用紙と

解答用紙を

見せてくれながら




こう言いました・・・・



・・・・・・・・・・・・・・・・・






「先生

数学 100点!


1位です!


英語も1位です!」






・・・・・・・・・・・・・・・・・

彼は

現在高校一年生・・・



この塾

ニュースクールエックスで

受講している科目は


数学と英語です


・・・・・・・・・・・・・・・・・


どちらの教科も

考え得る

最高の結果を手にしてくれました・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・


わざわざ

1位を

報告してくれたのは

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

メンタルコーチング

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



「非」現実的な目標を

達成する方法



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

に・・・



1位を目指し

それを達成しよう



100点さえとれば

必ず実現できる





・・・・・・・・・・・・・・・・・・


そう書いてあることを

意識してくれていたから


・・・・・・・・・・・・・・・・・・

だと思います・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

彼は

まだ高校一年生です

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

大学は

日本中から

自由に選び放題です・・・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

追伸です

彼の授業中の

態度を

見れば



誰がどう見ても

成績優秀な人間だと

感じると思います・・・・



・・・というよりも

明るい未来を

自ら創り出せる人間だということを

感じると思います・・・・



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ニュースクールエックスが

子供たちに手にしてほしいものは

高校名や

大学名ではありません・・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

明るい未来を

自ら創り出せる

力を

手にしてほしい・・・



そう願って

道き続けます・・・・












2018/10/12(金) 21:22







もう二年近く前になります・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2017年のお正月

1月4日ぐらいだったでしょうか・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

食堂の

入口近辺で

働いていらっしゃった

ひとりの女性の方が


体調が悪そうでした・・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そこで田中は

すぐに自宅に戻り

家にあった

栄養ドリンクセットを

プレゼントしました・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

その翌日

その方は

田中に

手袋をプレゼントして

くださいました・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そんなことがあって

仲良くなった

食堂の方・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・



田中は食堂に

たまに

お菓子とか

差し入れしますし


いつも

愛想をふりまいているので


みなさん全員と

仲良しなのです・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・

時は流れて

2018年

9月中旬・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・

食堂に行くと

その方が

こうおっしゃいました・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・




「実は

明日で、この仕事

やめることになったのよ。


もう

年だから

長い時間働くのも

大変でね・・・・

先生に今日会えて

良かった・・・」



・・・・・・・・・・・・・・

そうおっしゃいながら

涙をこぼされました・・・

・・・・・・・・・・・・・・

田中は

すぐに

お菓子屋さんの

シャトレーゼに行って


その方には

ハロウィンのお菓子を買い


そして

その方と

食堂の皆さん全員に


感謝会のグッズのつもりで

ケーキを10個買って

プレゼントしました・・・



とても喜んで下さいました・・・



・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・


同じ月・・・・

9月には

ひとりの中3生が

体験にやってきました・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・

その食堂の方の

娘さんの

お子さん・・・・


つまり

食堂の方の

お孫さんが

中3なのです・・・・


・・・・・・・・・・・・・

なんでも

学校では

先生のいう事を

あまりきかない

ガッツのある子らしく



過去には

塾に行ったこともあるのだけれど

嫌で嫌で

やめてしまったとのこと・・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・

そのお孫さんは



ニュースクールエックスで

背筋を伸ばして

礼儀正しく

常に集中して

週に3回

週に6時間

学習しています・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・

食堂の方は

こうおっしゃいました・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・

成績がどうこうというよりも


孫の目が輝いていて

それが何よりうれしい


イキイキした孫を見るのが

本当にうれしい・・・・




あの子は

学校では

よく思われていないかも

しれないけど


私にとっては孫だから

本当に可愛い



孫が

田中先生のことを



「あの人は神様だ」



と言っていましたよ・・・・・



・・・・・・・・・・・・・・・

そう言って

また涙ぐまれました・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・



今では塾での

送り迎えで

いらっしゃいます・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・

そして

その後

友人が

10月3日に体験して

即日入塾決定し



さらに

別の友人も

10月4日に体験して

即日入塾決定しました・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・

体験に来た友人のひとりが・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・


あまりにも

集中して


背筋を伸ばして

勉強している


食堂の方のお孫さんを

見て・・・



田中にこう言いました・・・・


・・・・・・・・・・・・・・・



「すごい!



あいつ

学校じゃ、


授業中に

寝てますよ!」




・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・

10月6日の

土曜日からは

3人が週に3回

週に6時間

一緒になって

集中して

頑張ってくれます・・・


・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・




すべての出会いは

偶然のようで

必然・・・

・・・・・・・・・・・・・



すべての出会いには

素晴らしい意味が

あります・・・・




何の意味もないならば

出会うはずが

ない・・・・





そう思います・・・・





・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・


これからも

出会う

すべての人々と

大切な時間を共有し・・・


お互いに

輝いていきたいと

思います・・・


・・・・・・・・・・・・・


そして

誰よりも・・・


・・・・・・・・・・・・・




出会っている

人を



全身全霊をこめて



心から

大切にします・・・・






















2018/10/06(土) 14:39






お時間が2分あり

ご興味があればどうぞ

ご覧下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・

田中式メンタルコーチング

(成功ダイレクトラーニング9月⑤

・・・・・・・・・・・・・・・・・



君が「自信がなく」

「勢いがない」ならば、

すべてに失敗する。




君が「自信があり」

「勢いがある」ならば、

すべてに成功する。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先日、テレビで

こんな実験とその結果をやっていたよ。



大学の実験で、

子供たちに絵を描かせて、

それを一切ほめず認めずに、



「次の絵はもっとうまく描きなさい」


とだけ指示するという実験だ。



子供たちは

どんどん下手な絵を描くように

なっていった。



最初から上手に絵を描けることなんて、

なかなかないのに、

全然ほめてもらえないし、

認めてもらえない、



それでいて、

「次の絵はもっとうまく描きなさい」

と指示されるのでは

やる気が出るどころか、

下がる一方だっていうことだね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
人は、

ほめられ認められないと、

優れた結果を出すことはできにくい。


否定したり批判したりして

鼓舞する方法もあるけれど、

その前に最も大切なのが、

ほめて認めることなんだ。



実は、

褒めて認めるということができる人間は、

その本人に自己肯定感「自信」

があるんだよ。



今は子供である

ニュースクールエックスに通う生徒諸君も、

いつかは大人になる。



その時に、

自己肯定感「自信」

を持っていれば、

大人として周囲の人々

・・・チームメイトや部下

を成功に導くことが

できるっていうことだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

君達が大人になり、

周囲の人々を

成功に導くことができる前提条件が

自己肯定感「自信」

を持つことだとすれば、


今、子供である君達は

何をすべきなんだろうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

塾長の田中がズバリ答えよう。




「小さな成功体験を積み重ねること」





これが今の君達に必要なことだよ。

小さな成功体験が積みあがっていくと、

前進の原動力になる。


さらに大きなことに

挑戦していく意欲も湧く。


成功が続けば、

可能性が無限であるようにも

感じられてくるものなんだ。





一方で、失敗が続けば、

自分が成功とは無縁の

負け犬のような気がしてくるかもしれないね。



実際に、そのような状態で

素晴らしい成果を出し続けるのは

難しいだろう。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 さて、ここで考えてみよう。

君達は、学校のテストで

成功に次ぐ成功をし続けられるのだろうか。


学校に入ってから

ずっと成績や順位を

上げて上げて上げ続けなければ

ならないのだろうか。




そういう生徒もいるにはいるね。

ニュースクールエックス

(旧岡崎進ゼミナール)の 卒業生には



15回連続自己最高順位更新

もいるし、


入塾から卒業まで

すべてのテストで

順位を上げ続けた生徒が何人もいる。



でもそれだけが成功なのでは、

君達にとって大変過ぎると言えるよね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

中3や高3で

素晴らしい笑顔で合格し卒業していった

ヒーローやヒロインたちの全員が

成績を上げ続けたわけじゃない。




彼ら彼女らの共通しているのは





「ある時期から、

自分の成功をスモールステップで

捉えられるようになった」




ということだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

例えば

「国語の点数が悪かった」

というような言い方はしない。




「漢字は範囲表と同じだったのに

10個中5個しか正解しなかったので、

この点は努力不足だから今日から改善。



文法は勉強した成果が出ていて

5問中4問が正解していたから成功。

上達している。




文章題は接続語に関しては

勉強の成果が出ていて成功。

文末表現を問題に合わせることも

上手にできた。

しかし抜き出し方のテクニックが

足りないから練習しよう。」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こんなふうに分析できる。

だから必ず

小さな成功体験を積み重ねることができる。



さらに建設的な失敗をすることこそが

成功の一種だという真理さえ

理解できるようになる。



こうやって自信を持ちだすと、

その自信が自分に

「勢い」

を与えてくれるようになる。



勉強で得た知識やテクニックに

「勢い」が加われば、

そのエネルギーは

巨大なものになるんだよ。




例えば、

自動車が静止しているときなら、

タイヤに3センチほどの材木を

かませておくだけで固定できる。



でも、

自動車が時速100キロで

走っているならば、

鉄のガードレールでも

止められないだろうね。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「勢い」

は子供には、

わかりやすく巨大なエネルギーを与える。


バレーでもバスケでも

野球でもサッカーでも、

ひとたび勢いがついた選手やチームは

普段では考えらないほどの

パワーやテクニックを手にして

驚異的な強さになり、

勝利を手に入れる。

子供である君達だからこそ、

実感できるかもしれないね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

では今日も、

この場で問題を解きながら



理解できている問題を

成功と考えて自信を持ち




間違えた問題を、

今日この場で克服することを

成功と考えて

小さな成功体験を

手に入れ続けよう!



そして来るべき

中間テストや定期テスト、

受験で小さな成功体験を

積み重ねよう!


いつの日か

大人になった君達

が大きな自己肯定感(自信)を手に

周囲の人々をほめて認めて



チームとして大成功し

大活躍する

その日に向けて!















2018/10/04(木) 18:27




お時間が2分あり

ご興味があれば

どうぞご覧ください。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



田中式メンタルコーチング

(成功ダイレクトラーニング)

2018年9月④

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「非」現実的な目標 

   を 達成する方法

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ニュースクールエックス

(旧岡崎進学ゼミナール)

の卒業生たちは、

これまでに

たくさんの伝説を創ってきた。

奇跡のヒーローヒロインになってくれた。



さあ、次は目の前の君の番だ。

では、わかりやすい目標として

10月のテストで100点を取り、

学年第一位になるというのは、

どうだろうね。



たいていの学校は

学年人数が200人前後、

もっと少ない場合もあるし、

多くても400人はいないよね。



その程度の人数の中でさえ

学年第一位になるということは

難しいと思う人もいるかもしれないけれど、

その心配はいらないよ。


ひとつの教科だけを考えてみれば、

100点さえ取ってしまえば、

100点が学年に何人いようと、

学年第一位だよね。



これなら決して

難しいことじゃないよ。


100点さえ取れば良い。




 上記の話の中で、仮に

「100点を取ること」や

「学年第一位になること」は

やっぱり難しいと思う人が、

もしいても

決しておかしなことではないよ。

ひとそれぞれだからね。



 では、君達に

ひとつ質問してみよう。


目標を持つときに、

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

①   ある程度努力すれば

    達成できそうな

   「現実的な目標」と

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


② 大きな夢になるような

    「非現実的な目標」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

のどちらが効果的だと思うかな?

 目標設定をどうすべきかは、

子供ばかりではなく

大人でも悩むことが多いんだよ。






 さあ、この問題を

どのように捉えたら良いだろうね。
 
塾長の田中がズバリ解答しよう。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



目標が

現実的か非現実的かは

どちらであっても構わない。



ただし条件がある。



それを達成するための手段は

現実的でなければならない。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

たとえば

愛犬ポチのために

犬小屋が欲しいという

小さな目標を持ったとしても、


その手段が


「誰かがくれることを

一日10回心に念じて

お願いする」



というものならば、

実現の可能性は小さいよね。



家族全員が住める家が欲しい

という大きな目標を持ったとしても、



10年間貯金して、

さらに35年ローンを組む



ということなら、

実現する可能性が大きいだろうね。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


君達が10月に100点を取り、

学年第一位(教科別も含む)

になるという目標を持ったとしよう。




この目標が小さいと思えるか

大きいと思えるかは、

人によるだろうね。



目標が

現実的か

非現実的かは

どちらであっても構わない。



ただし条件がある。



それを達成するための手段は

現実的でなければならない。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・


この場で、

この紙に単純に書くだけでは

実現しないよ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「100点を絶対に取ります!」とか

「学年第一位になります!」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

とか宣言するだけでは実現しない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



☆非現実的な目標を

達成するための手段を

現実的に記載し、


今すぐに実行しよう!☆




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


① 10月のテストの日程と曜日を記載

(不明な段階では実現はしません)




② 10月のテストの予想範囲を記載

(範囲表が出ないとわからないという想像力、

推察力では実現はしません)




③ テストの範囲表が出る予想日は

     何月何日の何曜日



④ テスト範囲になる学校の問題集や

     ワークの名前を5教科すべて記載




⑤ 範囲表が出る日までに

     テスト範囲の問題集やワークを

     解ききって理解するには

     今日、明日で何をする




⑥ 範囲表が出る日までに

     テスト範囲の問題集やワークを

     解ききって理解するには

     今週何をする




⑦ 範囲表が出る日までに

     テスト範囲の問題集やワークを

     解ききって理解するには

     今月何をする




⑧ 範囲表を出たら何をする。

     100点が取れるように。

     学年第一位になるように記載











2018/09/20(木) 22:38



お時間が2分あり

ご興味のある方はどうぞ

ご覧下さい・・・

・・・・・・・・・・・・・・

田中式メンタルコーチング

(成功ダイレクトラーニング9月③)

・・・・・・・・・・・・・・・

これをマスターできなければ

失敗の連続になる!

さあマスターし成功しよう!

・・・・・・・・・・・・・・・・

君がやりたいか

やりたくないかに関係なく

成績も通信簿も

進学も就職も

人生のすべてが

・・・・・・・・・・・・・・・

① 原因と結果の法則  

② 原因への決意 

 の二つで決まるんだよ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

①の 原因と結果の法則

について考えてみよう。


・高い建物から

ジャンプする自由はあるけれど、

落ちないという自由はない。



・勉強をサボる自由はあるけれど

成績や通信簿が下がらない

という自由はない。



・ジャンクフードを食べる自由はあるけれど、

太らないという自由はない。



・相手のあらさがしをして、

悪口を言う自由はあるけれど、

嫌われないという自由はない。




君がどう思うかは一切関係なく、

原因によって結果は自動的に決まる。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


先日テレビで、

圧倒的に優秀な成果をおさめている

世界的に有名なプロフェッショナルの人

がこう言っていた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「優秀な人間とは、

常に優れた状態を保てる人間ではない。



状態が悪いときや気分が乗らないときでも、

自分がやるべきことを

キチンとやる人間のことだ。




それができない人間が

世の中の80%を占めている。



調子の良いときや

気分が乗っているときは頑張るが、



疲れたときや気分が乗らないときは、

それを言い訳にやるべきことをやらない。




周りのほとんどが

そういう人間だからこそ、

自分は突出することができた。」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


塾長の田中は

深い反省心とともに、

なるほどと思ったよ。



誰にでも、

調子の悪い日はある。

やりたくないと思う日もある。


自分の目的

(例えば成績や通信簿のアップ、

志望高校や大学への合格、

部活での勝利など)

のために、

必要なやるべきことの中で、

どうしても好きになれないことも

あるだろうね。



でも、

本当に成功する人間というものは、


その「イヤだな、やりたくないな」

という気持ちを

「自分自身の目的意識」

に従わせ、



やるべきことを

何があろうとやり遂げて、

望む結果の原因を

つくるようにしているんだね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


結局のところ、

人生の生き方には

2つのパターンしかない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


A やりたいことだけをやって、

望む結果を手に入れられない生き方。


B 必要なことをすべてやって、

望み通りの結果を手に入れる生き方。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


誇り高き

ニュースクールエックス生は、

長い人生のすべてにおいて 

B を心がけて

望み通りの人生を

過ごしてほしいと思うよ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まずは、

目の前のテストに向けて

②を意識して、

「必要なこと」をやろう!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、次に

「原因への決意」

について考えてみよう。




原因があって結果がある。

そこで、

目標を設定して

それに対して決意しなければならない。




ここで君に質問してみよう。

君は何に対して

決意するのだろうか?



ほとんどの人は、

自分の望む結果に対して

決意するものなんだよ。





自己最高の順位を取る。

合格する。

部活で優勝する。

彼氏や彼女をつくる。




しかし、

このアプローチだけでは、

ほとんどの場合は

うまくいかないんだよ。



経験済みかもね?

結果に対して

決意しなくても良い。



結果は自動的に

ついてくるものだからね。



原因があるから結果がある

・・ということは


結果ではなく

原因に対して

決意しなければならない。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


誰でも結果が欲しいから

決意するのは簡単だ。

こんなふうにね・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「順位を上げたい人?」「はーい!」


「合格したい人?」「はーい!」


「部活で優勝したい人?」「はーい!」


「素敵な異性と仲良くなりたい人?

素敵な彼氏や彼女をつくりたい人?」

「はーい!」


こんなふうに簡単に決意できる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


それでは、

原因に対して

決意できるか、

質問してみようか・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「朝6時に起き

勉強し運動し、

人間性を磨くために

週に1冊

世界の偉人伝を

読みたい人?」



「・・・・・・・・・」


ほとんどいない。



原因をつくることは難しい。

努力がいる。

持続力がいる。

嫌だという気持ちを

乗り越える必要がある。



調子の悪いときもある。

気分が乗らないときもある。

疲れているときもある。



だからこそ、

結果ではなく

原因に対して

決意しなければならない。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


以下に記載してみよう。

・なりたい理想の順位と通信簿

それを得るためにはどんな原因が必要か




・合格したい理想の学校名

それを得るためにはどんな原因が必要か



・部活などで手にしたい理想の結果

それを得るためにはどんな原因が必要か



・仲良くなりたい理想の異性のタイプ

それを得るためにはどんな原因が必要か






2018/09/13(木) 22:39




9月からの

入塾予約多数のため


入塾制限中 !


・・・・・・・・・・・・・・・

高校部

及び

初等部・中等部 

個別授業プレミムコース

・・・・・・・・・・・・・・・

受講できない時限が

増えています


御希望のある方は

塾長の田中まで

ご相談ください。








2018/08/08(水) 14:25