もしご興味があれば・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1月27日土曜日に

実施した・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

塾長田中のプレミアムトーク

(子供向け成功ダイレクトラーニング)

2018年1月④

です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





愛する生徒諸君、

今日は君達に、

大切なテストや部活の試合などで

成功する秘訣を教えちゃうよ。



ニュースクールエックスには

大人の人が通うコースがあって、

そこには会社の社長さんや、

各界のリーダーの人もいるんだよ。



そういう人々が、

ほとんど必ずと言って良いぐらいに

やらなければならないのは、

大勢の人々の前で

スピーチをするということだ。




大勢の人々の前で、

「頼もしいリーダー」

として語る場面。




その本番直前には、

こういうことをやってみましょうねと、

アドバイスをしているんだよ。

それはこんなことだよ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


① 深呼吸

② 肩をいからせて胸を張る

③ 堂々ときびきびとした足取りで歩く

④ 笑顔

⑤ 両足を開いて立つ



その効果はやる前から決まっているんだよ



① 深呼吸すると落ち着く

② 肩をいからせて胸を張ると、安心感が高まる

③ 堂々ときびきびとした足取りで歩くと自信が出る

④ 笑顔になると前向きで幸せな気分になる

⑤ 両足を開いて立つと、自分がタフで力強く感じる

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


さて、話は変わるけどね・・・


世界的に有名な心理学者の

ウイリアム・ジェームズは

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「人間は恐れるから逃げるのではなく、

逃げるから怖くなる」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

と言ったんだ。

これは現代の神経学の分野で

その正しさが

次々に証明されているんだよ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

富士急ハイランドなどの遊園地にある

お化け屋敷には、

すごく迫力のあるものがあるよね。



まあ、どこでも良いけど、

お化け屋敷に行ったことあるかな。



お化け屋敷で、

「走って逃げだす」

という行動を取ってみると、

それによって一気に恐怖が増すっていうことが

君達にも想像できるよね。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


世界的に有名な心理学者の

ウイリアム・ジェームズが

言ったことの根幹は何か?


それは

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「行動が、感情と結果を生む」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ということだ。

だから、

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

自分の感情と結果を

自由にコントロールしたいならば

自分の行動を変えれば良い

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ってことになるんだ。


冒頭に、重要なスピーチ本番直前の

社長さんやリーダーの人々に


「このような行動をやってみましょう」

と提案するのはこれが理由なんだよ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ちょっと練習してみようか

行動①視線を真っ直ぐに相手を見る→優越感

行動②低い声で話す→説得力

行動③背筋を伸ばす→自信

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

逆も練習してみようね

行動①視線をそらす→劣等感

行動②高い声で話す→軽薄

行動③猫背になる→不安

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、上記の①②③はほんの一例だよ。

単純に上記の①②③をやれば

すべてがうまくいくっていうわけじゃないんだ。




テストのときとサッカーの試合のとき、

好きな子に告白するときでは、

それぞれに違う行動が効果的だよね。



じゃあ、常に正しい正解と言える行動は何か?

これはカンタンだよ!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



その分野で成功している人を

ひとり決めて頭に思い描く





その人の行動や立居振舞を

鮮明なカラー動画になるまでイメージする





その人と自分が

同一人物だと思えるまで

21回行動する

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これっておかしなことじゃないよ。

例えば「逃げるは恥だが役に立つ」

の「逃げ恥ダンス」を

踊れる人もいるかもしれないけど、

その人は、見事にA・B・Cをやっている。




A・B・Cが完成した人だけが

通しで踊れるってことだよ。



多分21回は練習したんじゃないかな。



逆に通しで踊れない程度ならば

練習が足りないことの証明だよ。


せいぜい数回の練習かもしれないね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さあ、今から書いてみよう。

君が知るもっとも身近で優秀な人は、

勉強するときに、

どのような態度で

どのような行動をしているのかな?



またテストに向けて

どのように行動しているのかな?


書いてみよう。

もし、一部わからないならば、

その部分は本人か周囲の

友人に聞いて明らかにしてみよう。



その行動を鮮明なカラーの

動画になるまでイメージして、

それをそのまま自分のものとして

21回真似して行動すれば、

次の大事なテストでの成功は

決まったも同然だよ!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(※勝っているのが

その人だという前提だから、

自己流を混ぜないようにね。


変なプライドを出して、

自己流を織り交ぜると勝てなくなるからね。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

記入(制限時間90秒)









2018/01/27(土) 21:54