お時間が2分あり

ご興味があればどうぞ

ご覧下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・

田中式メンタルコーチング

(成功ダイレクトラーニング9月⑤

・・・・・・・・・・・・・・・・・



君が「自信がなく」

「勢いがない」ならば、

すべてに失敗する。




君が「自信があり」

「勢いがある」ならば、

すべてに成功する。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先日、テレビで

こんな実験とその結果をやっていたよ。



大学の実験で、

子供たちに絵を描かせて、

それを一切ほめず認めずに、



「次の絵はもっとうまく描きなさい」


とだけ指示するという実験だ。



子供たちは

どんどん下手な絵を描くように

なっていった。



最初から上手に絵を描けることなんて、

なかなかないのに、

全然ほめてもらえないし、

認めてもらえない、



それでいて、

「次の絵はもっとうまく描きなさい」

と指示されるのでは

やる気が出るどころか、

下がる一方だっていうことだね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
人は、

ほめられ認められないと、

優れた結果を出すことはできにくい。


否定したり批判したりして

鼓舞する方法もあるけれど、

その前に最も大切なのが、

ほめて認めることなんだ。



実は、

褒めて認めるということができる人間は、

その本人に自己肯定感「自信」

があるんだよ。



今は子供である

ニュースクールエックスに通う生徒諸君も、

いつかは大人になる。



その時に、

自己肯定感「自信」

を持っていれば、

大人として周囲の人々

・・・チームメイトや部下

を成功に導くことが

できるっていうことだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

君達が大人になり、

周囲の人々を

成功に導くことができる前提条件が

自己肯定感「自信」

を持つことだとすれば、


今、子供である君達は

何をすべきなんだろうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

塾長の田中がズバリ答えよう。




「小さな成功体験を積み重ねること」





これが今の君達に必要なことだよ。

小さな成功体験が積みあがっていくと、

前進の原動力になる。


さらに大きなことに

挑戦していく意欲も湧く。


成功が続けば、

可能性が無限であるようにも

感じられてくるものなんだ。





一方で、失敗が続けば、

自分が成功とは無縁の

負け犬のような気がしてくるかもしれないね。



実際に、そのような状態で

素晴らしい成果を出し続けるのは

難しいだろう。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 さて、ここで考えてみよう。

君達は、学校のテストで

成功に次ぐ成功をし続けられるのだろうか。


学校に入ってから

ずっと成績や順位を

上げて上げて上げ続けなければ

ならないのだろうか。




そういう生徒もいるにはいるね。

ニュースクールエックス

(旧岡崎進ゼミナール)の 卒業生には



15回連続自己最高順位更新

もいるし、


入塾から卒業まで

すべてのテストで

順位を上げ続けた生徒が何人もいる。



でもそれだけが成功なのでは、

君達にとって大変過ぎると言えるよね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

中3や高3で

素晴らしい笑顔で合格し卒業していった

ヒーローやヒロインたちの全員が

成績を上げ続けたわけじゃない。




彼ら彼女らの共通しているのは





「ある時期から、

自分の成功をスモールステップで

捉えられるようになった」




ということだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

例えば

「国語の点数が悪かった」

というような言い方はしない。




「漢字は範囲表と同じだったのに

10個中5個しか正解しなかったので、

この点は努力不足だから今日から改善。



文法は勉強した成果が出ていて

5問中4問が正解していたから成功。

上達している。




文章題は接続語に関しては

勉強の成果が出ていて成功。

文末表現を問題に合わせることも

上手にできた。

しかし抜き出し方のテクニックが

足りないから練習しよう。」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こんなふうに分析できる。

だから必ず

小さな成功体験を積み重ねることができる。



さらに建設的な失敗をすることこそが

成功の一種だという真理さえ

理解できるようになる。



こうやって自信を持ちだすと、

その自信が自分に

「勢い」

を与えてくれるようになる。



勉強で得た知識やテクニックに

「勢い」が加われば、

そのエネルギーは

巨大なものになるんだよ。




例えば、

自動車が静止しているときなら、

タイヤに3センチほどの材木を

かませておくだけで固定できる。



でも、

自動車が時速100キロで

走っているならば、

鉄のガードレールでも

止められないだろうね。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「勢い」

は子供には、

わかりやすく巨大なエネルギーを与える。


バレーでもバスケでも

野球でもサッカーでも、

ひとたび勢いがついた選手やチームは

普段では考えらないほどの

パワーやテクニックを手にして

驚異的な強さになり、

勝利を手に入れる。

子供である君達だからこそ、

実感できるかもしれないね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

では今日も、

この場で問題を解きながら



理解できている問題を

成功と考えて自信を持ち




間違えた問題を、

今日この場で克服することを

成功と考えて

小さな成功体験を

手に入れ続けよう!



そして来るべき

中間テストや定期テスト、

受験で小さな成功体験を

積み重ねよう!


いつの日か

大人になった君達

が大きな自己肯定感(自信)を手に

周囲の人々をほめて認めて



チームとして大成功し

大活躍する

その日に向けて!















2018/10/04(木) 18:27